名簿屋の値段は各社様々ですが購入件数が多いと料金は安くなります。。


リスト販売会社によって料金は違います。



料金は、名簿業者によって違います。お問い合わせ下さい。

電話下さい。料金についてご説明致します

MENU

最終更新日のお知らせ

最終更新日 2019年6月23日
作成者、店長 田中明

 

料金は名簿販売業者で最安値

弊社の料金は,ほとんどが1万件の場合ですと
単価5円で50,000円の業界最低価格です。

 

価格はどこも同じか ?

金額はすべて同じではないです。販売会社によって金額は違います。

基本料金、検索代金、データ金額、メディアの値段、消費税などで金額は構成されています。

金額によって名簿の価値は決まるのか ?

それぞれのリスト会社によって販売価格は違います。

データの料金で価値は決まりません。料金が高いのは単に仕入れ代金とその他のコストが高いからである。

データの仕入代金とその他のコストが高く、コストが低く抑えられないために、販売金額を高く設定しているだけです。

高額価格のリストはどこが違うのか ?


 一件当たりの単価が10円前後のリストとどこが違うのか ?

 

主な違いは仕入れ価格が違う場合が多いのが原因です。

データの仕入れにともなうデータ仕入者に支払う価格によって販売金額は変わってきます。


ですから、仕入れが高い場合は販売金額も高くなります。

 

 値段が高いものは価値が高く、有用なのか ?

 

料金が高いからといって価値が有り、そのリストで契約が必ずしも増えることはありません。

そして、ほとんどの場合 金額が高いものでも通常の値段でも価値と結果は同じです。

 

料金の決定基準は名簿の価値とは無関係です。

名簿業者の値段設定の基準とは ?

 何故? どのようにして金額は決まるのか?

 

 

リスト業者の価格設定基準とは?

 

料金が決まるのに1番大切なのはコストです。

データのコストで1番高いのは、 仕入れ代金です。

帳簿や目録とか住所録などをボランティアの人達から持ち込んでもらい、仕入れる料金が高くなると、コストが上がりまして、当然売買価格が上昇します。


ですから、値段の高いものは仕入れ金額が高くコストが大きいということです。

ズバリ値段はどのぐらいですか ?

リスト屋によって金額は違います。

平均して一件当たりの単価は15円から20円ぐらいが多いです。

しかし、購入件数が増えれば増えるほど一件当たりの単価は下がります。

一万件購入の場合ですと一件あたりの単価は10円前後の業者が多いです。

ですが、弊社はコスト削減、経費節減に成功しまして他社よりも大幅に値段は安いです。

 

弊社の料金は新着リストでも一万件5円からの
名簿業界最安値です。

リストによって値段は違いますので、詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい

 

 

クリックして続きを見てください

TOPページに戻る